Japon

Back

Webサイト

https://www.ares-ac.be/en/relations-internationales/asem-duo-grant

奨学金の種類

2名の教員または研究者間(日本とワロン・ブリュッセル連邦に属する)を対象にした交換奨学金

研究領域

全ての研究領域が対象。候補者は必ずしも学問と同領域で活動する必要はない。

概要
  • プログラム概要

ASEM-DUO 交換プログラム奨学金は、日本とワロン・ブリュッセル連邦間で教員あるいは研究者を対象とした交換プログラムを実現するものである。すなわち、日本とワロン・ブリュッセル連邦の機関に属するそれぞれ1名の教員または研究者が相互の機関に出向くというものである。

本プログラムの目的は以下の通りである。

  1. 日本とワロン・ブリュッセル連邦間において、高等教育の教員あるいは研究者の交流発展を促進する
  2. 日本とワロン・ブリュッセル連邦の高等教育機関において、交換プログラム構築に寄与する
  3. 日本とワロン・ブリュッセル連邦間の協力と対話を強化する
  • 期間

最短3週間から最長2ヶ月

  • 資金援助合計額

「交換」プロジェクトに割り当てられる奨学金の合計額は、2人の教員または研究者に対して5,000ユーロとなり、この合計額は交通費と日当を含んだ金額となる。

資金援助機関

l’ARES (Académie de Recherche et d’Enseignement Supérieur)/ ARES(高等教育研究協会)

採用基準

  • 候補者の条件

候補者は以下の採用基準を満たさなければならない。

  1. 教員で応募する者は、ワロン・ブリュッセル連邦または日本の高等教育機関の教員あるいは研究職員でなければならない。尚、以下に該当する者は当該予算枠による融資を受けることができない
    • 学生と博士号取得予定者
    • 名誉教授あるいは名誉職
    • 大学講師

 

  1. ワロン・ブリュッセル連邦ならびに日本の機関は、所轄官庁によって高等教育として認可及び信頼されてる必要がある
  2. ワロン・ブリュッセル連邦ならびに日本の機関が協定を締結していること、あるいは今後2年以内に協定を締結する予定がある
  3. 教員の国籍は採用基準に関係しない
  4. 教員対象の「ペアモビリティ」プロジェクトのための奨学金の授与は、活動の全ての分野に対して開かれている

応募について

  • 応募方法

候補者は必要書類を用意の上、所属先の担当者に提出すること(通常、国際関係担当が管轄している)。2名のパートナーそれぞれの応募書類は、ワロン・ブリュッセル連邦の機関によってARES(international@ares-ac.be)に送られなければならない。また、書類はPDF形式で一つにまとめた上で送ること。

  1. ASEM-DUOモビリティ奨学金への応募フォーマットを漏れなく記入すること。フォーマットはタイピングしPDF形式に変換すること。
  2. ワロン・ブリュッセル連邦と日本の機関間協定の写しまたは今後2年間で1つに署名する意思宣言の写し
  3. 候補者のパスポートコピー
  4. 候補者の履歴書(最低5ページ)
  • 期日

応募書類は20212月から4(日にちは後日決定)に送付、モビリティプログラムの実施は2021年の8月1日から2022年の8月31日の間。

  • 選考プロセス

ARESは当該奨学金の給付者を以下の基準にもとづいて選考する。

● 教育、研究、団体サービスプロジェクトの質と一貫性

●欧州と日本間の対話における当滞在がもたらす影響

●候補者の科学的、学術的、または芸術的素質(例:出版物、協定機関との共著、研究または芸術的プロジェクト、展示会、コンテスト、専門分野における経歴、学歴など)

●奨学金が候補者の活動と職業上のキャリアに及ぼす予想される影響

●プロジェクトの独創性

●奨学金が申請者の教育機関に及ぼすと予想される影響

●滞在期間の証明

●ワロン・ブリュッセル連邦と日本の高等教育機関の関係における質

●候補者の言語能力

●ARESが申請者に付与した財政的支援の妥当性

連絡先

international@ares-ac.be

応募書類

ASEM_DUO_Application_form_2020.doc